情報のマッチング

TVの番組やCMでみかけた商品やサービスの情報をネット検索する際、一部のユーザーからの声にはWEBサイトなどに掲載される情報量の多さがストレスとなることがあったという回答が得られているようです。

ユーザー自身が検索したい情報を検索するなかで、ネット上に投稿されている膨大コンテンツのなかから自身が求めているものを選択することにどうやら疲れてしまったようなのです。

実際に検索エンジンを利用して情報を探してみますと、自然検索された情報とリスティング広告やSEOなどの対策が施されてたWEBサイト情報がおおくの場合、検索結果の上位に表示されてくるケースが多いようです。

ユーザーにとって有益な情報も少なくないはずですが、膨大な情報のなかから自分にマッチしたサイトを探し出す事自体を面倒と感じている人びともいるようなのです。