投稿者: admin

WEB広告の特性

WEB広告の特性

すでにWEBプロモーションとしてSEOやリスティング広告などに取り組まれている企業や個人事業主さんもいらっしゃることでしょう。

WEBマーケティングに参入する企業や個人事業主の方々が年々増加傾向であるなか、その広告媒体としての特性をきちんと把握されていらっしゃらない事業主さんらも少なくないようなのです。

SEO、リスティング広告、ディスプレイ広告、バナー広告、ショッピング広告など、ネット環境を介した広告媒体は、数多く開発されていますが、それぞれの特性としてメリット・デメリットをきちんと把握せずにプロモーション活動を行っている場合、それぞれのPR活動の効果を半減させてしまっているかもしれないようなのです。

情報のマッチング

情報のマッチング

TVの番組やCMでみかけた商品やサービスの情報をネット検索する際、一部のユーザーからの声にはWEBサイトなどに掲載される情報量の多さがストレスとなることがあったという回答が得られているようです。

ユーザー自身が検索したい情報を検索するなかで、ネット上に投稿されている膨大コンテンツのなかから自身が求めているものを選択することにどうやら疲れてしまったようなのです。

実際に検索エンジンを利用して情報を探してみますと、自然検索された情報とリスティング広告やSEOなどの対策が施されてたWEBサイト情報がおおくの場合、検索結果の上位に表示されてくるケースが多いようです。

ユーザーにとって有益な情報も少なくないはずですが、膨大な情報のなかから自分にマッチしたサイトを探し出す事自体を面倒と感じている人びともいるようなのです。

アンカーテキストの改善とは

アンカーテキストの改善とは

アンカーテキストを改善しましょう。その方法は、相互リンクの依頼やリンク集ページの書き方、ヨミサーチなどのミニ検索エンジンの登録方法を工夫すると良いでしょう。相互リンクを募集するのに、ウェブサイトの紹介文とトップページへのリンクを依頼しているかもしれませんが、それだと、トップページにリンクが集まってしまいます。それを目標キーワードと目標ページのURLにして、相手先にお願いしましょう。また、自分のリンク集のページの書き方も、同様に変更しておくと良いでしょう。重要なページが複数あるならば、月ごとに内容を変更するのもいいと思います。「当サイトのリンクはフリーです。すべてのページに対して許可は必要ありません。当サイトでは相互リンクを広く募集しています〜メールにてご連絡をお願いします」といった募集ページを作りましょう。

出示達デバイスの変化とWebサービス

出示達デバイスの変化とWebサービス

これまでネット環境を支えていた大きな市場は 、PC ユーザーであったのに対し、ここ数年でスマートフォンユーザーたちがその割合の多くを占めるようになりました。市場を支えるネットユーザーたちの変化によって、 SEO の方向性は大きな変革を求められできました。このような様子を称して、モバイルファーストなどと呼ばれてきましたが、今後の SEO の仕様の変化を決定付ける変革期ともなりました。すでに、多くの人々の間では、スマートフォンは所有しているけれども、パソコンは持っていないなどといったような人々が、世界中に溢れるのではないかと言われております。スマートフォンを活用するネット利用時間も、今後大幅に増えていくことが見越されるなかで、スマートフォンを主軸にしたウェブサイトの制作や広告企画などに臨機応変に対応をする必要性が求められているようです。時代とともに多くのネットユーザーが使用するデジタルデバイスの変化によって、各サイト運営者たちはネットユーザーに寄り添うようなサービスを構築していかなくてはならないようです。

画像が表示されない場合

画像が表示されない場合

画像が表示されないトラブルは多くの場合ファイル名を間違えていることが原因です。実際のファイル名と、HTML の記述が違っていないかどうか、もう一度確認しましょう。また,HTML ファイルと画像が同一階層にある場合ですが、例えば画像用に別のフォルダを通作ってそこに画像を保存しているような場合は、パスの指定を適宜変更する必要があります。例えば、画像を読み込む HTML ファイルと同一階層に [IMAGE] フォルダがあり、そこに画像がある場合は、画像のパスの指定をフォルダ名/ ファイル名のように変更します。

サーバーにアップしたら画像が表示されなくなった
パソコンでは画像が正しく表示されるのに、サーバーに転送したら表示されなくなった、という場合は、最も多い間違いがファイル名の大文字と小文字の遣いです。同じアルファベットの大文字と小文字 は、パソコン上では文字として認識されていますが、サーバーでは別の文字として認議します。画像のファイ ル名を含めたパス名は大文字・小文字も含めて実際の文 字と一致するように記述します。ほかに転送が正しく行 われなかったケース、パソコン上と遣うフォルダ構成にしてしまったケースなども考えられます。

SEO対策の種類

SEO対策の種類

SEOが費用対効果が一番いい
SEOの優位性は流入ユーザーの質が高いこととSEOを施したWebサイトが資産になるところにあります。WEBマーケティングでは、SEOが一番費用対効果がいいと言われています。
では、質の高いユーザーはどこからやってくるのでしょうか?
それは自然検索からの流入ユーザーです。どういうことかと言いますと、ある情報を欲しいと感じたユーザーがそのキーワードを検索し、自然と特定の場所に用意されたコンテンツ(ユーザーが求めるもの)へ流入するというものです。最近では、リスティング広告はユーザーが広告だとわかり飛ばす傾向があります。

この集客方法は、ユーザーが能動的でニーズの高い「プル型」と呼ばれます。
一方で、広告やSNSなどの情報提供者側が決めたタイミングでユーザーに情報を伝える形式のことを「プッシュ型」と言います。こちらはユーザーが受動的にコンテンツを認識します。
また、「プル型」で集客されたユーザーは、既にニーズが喚起され能動的に情報を求めているため、商品購入やサービス申込の可能性が高いです。そのためビジネスにおいて「プル型」は重要なものにもなってきます。

開閉パネルは必ずCSSで

開閉パネルは必ずCSSで

PCサイトでマウスオーバーした際に、下層、さらに下層へと、リンクが表示されるサイトがあると思います。このようなサイトでは、PCのみのWebサイトでは閲覧することができても、タッチデバイスにはマウスカーソル・マウスオーバーなどの概念がないため、原則実装することができません。同じような効果を見せることは不可能ではありませんが、jQueryなどのスクリプトに頼ることになってしまいます。そもそも、JavaScriptよりもCSSでの表現方法を選択した方が、検索エンジンも理解しやすいため、リスク回避という観点からも無難です。

ユーザー回線で考えた際に、スペースの限られているスマートフォンではアコーデイオンなどのCSS仕様の開閉パネルがベストです。欲しい情報に早くたどり着くために、またストレスなく見てもらうためにも必要となる手法です。

アルゴリズム

アルゴリズム

レンタルビデオ屋さんの店員さんに、「お薦めの映画」を聞くことを考えてみましょう 。店員さんは、暗記しているアクション系の 映画の中から「一番お勧め」「二番目にお勧め」という感じで映画に順位を付けて紹介してくれます。どのようにこの順位を決めているのかというと、「映画の派手さ 」「泣けるか」「恋愛のシーンはあるのか」などの店員さんの独自のアクション系映画についての「採点基準」があって、高得点なほど上位に紹介するわけです。検索エンジンも同じです。ロボット独自の「採点基準」があって、その採点が高いブログ・ホームページほど検索結果の上位に表示されるのです。なお、この採点基準のことを「アルゴリズム」といいます。表示されるコンテンツの中で、スクロールせずに最初に画面上に表示されるファーストビューのエリアは、特に表示速度に注意しなければいけません。ファーストビューのエリアがなかなか表示されないと、離脱の原因にもなります。大きな機会損失を被るだけでなく 、表示待ちをしているユーザーに対して多大なストレスを与えることにもなります。 それを回避するには、ファースト ビューに相当するコンテンツ部分の 装飾を HTML のhead 内に書いておくことで、ブラウザの読み込み速度 を改善します。

ページタイトル

ページタイトル

ページタイトルとは、WEBページに書かれたコンテンツの題名です。 「このページは、 〇〇について書かれております」という意昧を持ちます。

WEBサイトもこれと同じです。WEBサイトのタイトルと、個別のページタイトルを設定することで、サイトを訪れた人と検索エンジンに何が書かれたWEBページなのかを伝えています。ページタイトルは検索結果に表示されます。通常は一番上の行に青字で下線が引かれています。クリックするとそのページに移動することができます。このページタイトルに、目標キーワードを入れましょう。 ページタイトルは、HTMLドキュメントの<head> タグ内の<title>タグに記述します。

descriptionとは、WEBページのコンテンツの要約文です。ページタイトルと同じく、サイトを訪れた人と検索エンジンに何が書かれたウェブページなのかを伝えます。Google は、スニペットと呼ばれる検索結果のタイトルの下部分に表示される要約文に、 description を使用することがあります。ページタイトルと併せて、ユーザ に魅力的な description を書くことで、訪問率を改善することが可能です。この descriptionに、目標キーワー ドを入れましょう。 description は、 HTMLドキュメントのhead タグ内のmeta name=” description” content=” 目標キーワードを含む要約文”に記述します。

URLとパス

URLとパス

URLとは、いわゆる住所と言え、インターネット上の情報資源がどこにあるかを示すものとして利用されてきました。しかしこの考えは少し前の常識であり、HTML4.01に移行してからは、その仕組みを含めた、広い意味としてURIという言葉に変わってきているようです。これは、URLと同じように、HTML文書・ビデオクリップ・画像・プログラムといったものを特定できますが、URIは、より普遍的で段階が上というような概念から、現在ではURLはURIのサブセットというような位置付けとなっているようです。URLの構造は、「https」、「http」、「ftp」など、リソースへアクセスするための方法を示す「スキーム」、リソース取得のため、アクセスするコンピュータを数字などで示す「ドメイン」、サーバー内のリソースがどこにあるかを示す「パス」という3つの部品と言えるでしょう。中でも「パス」には2種類あり、ホームページ制作などの際、web上のページにリンクを貼ったり画像を加えたいという場合、リンク先のHTMLファイルや画像ファイルがどこにあるかという事を明確に示さなければならないでしょう。その示し方として、「http://」で始まり、ファイルの位置を一番下から順番に階層構造を辿って記述していくする方法で、基本的に自分のサイトではないサイトにあるファイルを指定したい場合に使用する「絶対URL」、一方、フォルダを移動するたびに「/」と「..」を使いファイルの位置を示す、「相対URL」の2つがそれにあたると言えるでしょう。「相対URL」は、指定したいファイルの位置を、基になるファイルから見て記すという方法で、一般的には自分のサイト内のファイルを示したいというときに多く利用されていると言えるでしょう。使い方としては、同フォルダ内にあるファイルを示す時は「ファイル名」のみ、同フォルダ内の下位フォルダのファイルを示したい場合「下位フォルダ名/ ファイル名」、別のフォルダのファイルを示す場合「../同位フォルダ名/下位フォルダ名/ファイル名」というように記述していくようです。