カテゴリー: blog

出示達デバイスの変化とWebサービス

出示達デバイスの変化とWebサービス

これまでネット環境を支えていた大きな市場は 、PC ユーザーであったのに対し、ここ数年でスマートフォンユーザーたちがその割合の多くを占めるようになりました。市場を支えるネットユーザーたちの変化によって、 SEO の方向性は大きな変革を求められできました。このような様子を称して、モバイルファーストなどと呼ばれてきましたが、今後の SEO の仕様の変化を決定付ける変革期ともなりました。すでに、多くの人々の間では、スマートフォンは所有しているけれども、パソコンは持っていないなどといったような人々が、世界中に溢れるのではないかと言われております。スマートフォンを活用するネット利用時間も、今後大幅に増えていくことが見越されるなかで、スマートフォンを主軸にしたウェブサイトの制作や広告企画などに臨機応変に対応をする必要性が求められているようです。時代とともに多くのネットユーザーが使用するデジタルデバイスの変化によって、各サイト運営者たちはネットユーザーに寄り添うようなサービスを構築していかなくてはならないようです。

画像が表示されない場合

画像が表示されない場合

画像が表示されないトラブルは多くの場合ファイル名を間違えていることが原因です。実際のファイル名と、HTML の記述が違っていないかどうか、もう一度確認しましょう。また,HTML ファイルと画像が同一階層にある場合ですが、例えば画像用に別のフォルダを通作ってそこに画像を保存しているような場合は、パスの指定を適宜変更する必要があります。例えば、画像を読み込む HTML ファイルと同一階層に [IMAGE] フォルダがあり、そこに画像がある場合は、画像のパスの指定をフォルダ名/ ファイル名のように変更します。

サーバーにアップしたら画像が表示されなくなった
パソコンでは画像が正しく表示されるのに、サーバーに転送したら表示されなくなった、という場合は、最も多い間違いがファイル名の大文字と小文字の遣いです。同じアルファベットの大文字と小文字 は、パソコン上では文字として認識されていますが、サーバーでは別の文字として認議します。画像のファイ ル名を含めたパス名は大文字・小文字も含めて実際の文 字と一致するように記述します。ほかに転送が正しく行 われなかったケース、パソコン上と遣うフォルダ構成にしてしまったケースなども考えられます。

SEO対策の種類

SEO対策の種類

SEOが費用対効果が一番いい
SEOの優位性は流入ユーザーの質が高いこととSEOを施したWebサイトが資産になるところにあります。WEBマーケティングでは、SEOが一番費用対効果がいいと言われています。
では、質の高いユーザーはどこからやってくるのでしょうか?
それは自然検索からの流入ユーザーです。どういうことかと言いますと、ある情報を欲しいと感じたユーザーがそのキーワードを検索し、自然と特定の場所に用意されたコンテンツ(ユーザーが求めるもの)へ流入するというものです。最近では、リスティング広告はユーザーが広告だとわかり飛ばす傾向があります。

この集客方法は、ユーザーが能動的でニーズの高い「プル型」と呼ばれます。
一方で、広告やSNSなどの情報提供者側が決めたタイミングでユーザーに情報を伝える形式のことを「プッシュ型」と言います。こちらはユーザーが受動的にコンテンツを認識します。
また、「プル型」で集客されたユーザーは、既にニーズが喚起され能動的に情報を求めているため、商品購入やサービス申込の可能性が高いです。そのためビジネスにおいて「プル型」は重要なものにもなってきます。

開閉パネルは必ずCSSで

開閉パネルは必ずCSSで

PCサイトでマウスオーバーした際に、下層、さらに下層へと、リンクが表示されるサイトがあると思います。このようなサイトでは、PCのみのWebサイトでは閲覧することができても、タッチデバイスにはマウスカーソル・マウスオーバーなどの概念がないため、原則実装することができません。同じような効果を見せることは不可能ではありませんが、jQueryなどのスクリプトに頼ることになってしまいます。そもそも、JavaScriptよりもCSSでの表現方法を選択した方が、検索エンジンも理解しやすいため、リスク回避という観点からも無難です。

ユーザー回線で考えた際に、スペースの限られているスマートフォンではアコーデイオンなどのCSS仕様の開閉パネルがベストです。欲しい情報に早くたどり着くために、またストレスなく見てもらうためにも必要となる手法です。

アルゴリズム

アルゴリズム

レンタルビデオ屋さんの店員さんに、「お薦めの映画」を聞くことを考えてみましょう 。店員さんは、暗記しているアクション系の 映画の中から「一番お勧め」「二番目にお勧め」という感じで映画に順位を付けて紹介してくれます。どのようにこの順位を決めているのかというと、「映画の派手さ 」「泣けるか」「恋愛のシーンはあるのか」などの店員さんの独自のアクション系映画についての「採点基準」があって、高得点なほど上位に紹介するわけです。検索エンジンも同じです。ロボット独自の「採点基準」があって、その採点が高いブログ・ホームページほど検索結果の上位に表示されるのです。なお、この採点基準のことを「アルゴリズム」といいます。表示されるコンテンツの中で、スクロールせずに最初に画面上に表示されるファーストビューのエリアは、特に表示速度に注意しなければいけません。ファーストビューのエリアがなかなか表示されないと、離脱の原因にもなります。大きな機会損失を被るだけでなく 、表示待ちをしているユーザーに対して多大なストレスを与えることにもなります。 それを回避するには、ファースト ビューに相当するコンテンツ部分の 装飾を HTML のhead 内に書いておくことで、ブラウザの読み込み速度 を改善します。

ページタイトル

ページタイトル

ページタイトルとは、WEBページに書かれたコンテンツの題名です。 「このページは、 〇〇について書かれております」という意昧を持ちます。

WEBサイトもこれと同じです。WEBサイトのタイトルと、個別のページタイトルを設定することで、サイトを訪れた人と検索エンジンに何が書かれたWEBページなのかを伝えています。ページタイトルは検索結果に表示されます。通常は一番上の行に青字で下線が引かれています。クリックするとそのページに移動することができます。このページタイトルに、目標キーワードを入れましょう。 ページタイトルは、HTMLドキュメントの<head> タグ内の<title>タグに記述します。

descriptionとは、WEBページのコンテンツの要約文です。ページタイトルと同じく、サイトを訪れた人と検索エンジンに何が書かれたウェブページなのかを伝えます。Google は、スニペットと呼ばれる検索結果のタイトルの下部分に表示される要約文に、 description を使用することがあります。ページタイトルと併せて、ユーザ に魅力的な description を書くことで、訪問率を改善することが可能です。この descriptionに、目標キーワー ドを入れましょう。 description は、 HTMLドキュメントのhead タグ内のmeta name=” description” content=” 目標キーワードを含む要約文”に記述します。

URLとパス

URLとパス

URLとは、いわゆる住所と言え、インターネット上の情報資源がどこにあるかを示すものとして利用されてきました。しかしこの考えは少し前の常識であり、HTML4.01に移行してからは、その仕組みを含めた、広い意味としてURIという言葉に変わってきているようです。これは、URLと同じように、HTML文書・ビデオクリップ・画像・プログラムといったものを特定できますが、URIは、より普遍的で段階が上というような概念から、現在ではURLはURIのサブセットというような位置付けとなっているようです。URLの構造は、「https」、「http」、「ftp」など、リソースへアクセスするための方法を示す「スキーム」、リソース取得のため、アクセスするコンピュータを数字などで示す「ドメイン」、サーバー内のリソースがどこにあるかを示す「パス」という3つの部品と言えるでしょう。中でも「パス」には2種類あり、ホームページ制作などの際、web上のページにリンクを貼ったり画像を加えたいという場合、リンク先のHTMLファイルや画像ファイルがどこにあるかという事を明確に示さなければならないでしょう。その示し方として、「http://」で始まり、ファイルの位置を一番下から順番に階層構造を辿って記述していくする方法で、基本的に自分のサイトではないサイトにあるファイルを指定したい場合に使用する「絶対URL」、一方、フォルダを移動するたびに「/」と「..」を使いファイルの位置を示す、「相対URL」の2つがそれにあたると言えるでしょう。「相対URL」は、指定したいファイルの位置を、基になるファイルから見て記すという方法で、一般的には自分のサイト内のファイルを示したいというときに多く利用されていると言えるでしょう。使い方としては、同フォルダ内にあるファイルを示す時は「ファイル名」のみ、同フォルダ内の下位フォルダのファイルを示したい場合「下位フォルダ名/ ファイル名」、別のフォルダのファイルを示す場合「../同位フォルダ名/下位フォルダ名/ファイル名」というように記述していくようです。

検索方法の注意

検索方法の注意

自社のホームページを運営するときには、キーワードプランナーなどを使って「どんなワードが多く検索されているか」を調べてからコンテンツ作りを行うと思います。どれだけ検索されているキーワードかでアクセス数も変わりますし、はじめに数が分かれば検索数の多い競合他社と争わなくても済むでしょう。キーワードプランナーを使う以外にも、実際に検索をしたときに何がサイトの上位に上がっているのか、という部分にも注目しなければなりません。検索をして事前にきちんと調べることは非常に大切なことですが、そのとき、検索方法にも注意をしなければなりません。まず、検索をするには「シークレットモード」や「プライベートモード」で行うようにしましょう。普通の検索は、自分のブラウザに記録されている今までの閲覧履歴などを元にして、カスタマイズされた結果が表示されます。自分に合った検索結果になるということは便利な一方、客観的ではない結果と言えるでしょう。また、検索をするときにはパソコンとスマホの両方での検索を行いましょう。同じ検索ワードを入れたとしても、パソコンとスマホでは結果が違っていたという場合もあります。現在ではスマホから検索をする人も増えており、店によってはスマホ検索がほとんどを占めているという場合もあるでしょう。自分の作りたいホームページが、どちらの検索の方が有利になるのかという点もしっかり考えていかなくてはなりません。検索はキーワードだけでなく、位置情報も見られています。例えばランチをするときの店を決めるときなどは、位置情報が非常に有効になります。地域の情報が必要になる場合は検索結果も変わってしまうので注意が必要です。

親和性を高める

親和性を高める

近年では、ほとんどの企業でRPA導入という動きが見られ、業務を自動化し、働き方改革における効率化というものが図られていると言えるのではないでしょうか。しかし、会社内にあるデータベースと連携が取れなかったり、連携したけど、何故かシステムが変更されてしまって業務がうまく遂行されないといった残念な結果になってしまっている企業も少なくないと言われているようです。このように投資対効果が得られないという深刻な課題を抱えてしまわないためにも、導入から運用の間に起こる問題などを、データベースの方から解決すべく開発されたのが「スマートDB」と呼ばれる技術ではないでしょうか。スマートDBというのは、BPM型のデータベースの呼称と言われており、RPAとの親和という点に焦点を当てて開発された最新の技術と言えるでしょう。ワークフローの機能をも装備しており、RPAの処理工程の中に人を挟み込むことができることから、想定範囲外の不具合などにもすぐに対応できると言えるでしょう。そのため、導入がうまく行った場合には、通常のRPA導入時よりも、さらなる業務の効率化が期待できると言われているようです。価格も比較的安価と言え、RPAと無料で連携可能とされているため、試験運用的な導入として考慮しても良いのではないでしょうか。メリットばかりに目が行き、その内実をしっかり理解していない場合、間違った導入などにつながり、結局資金が無駄になって終わってしまうといったことがないように、十分自身の会社との相性や業務内容との適性というものを考察した上で、導入に踏み切るようにすると良いでしょう。

SEOとコンテンツデザインについて

SEOとコンテンツデザインについて

コンテンツを作成するのに、使いやすいデザインというのも考慮しなければなりません。コンテンツの評価に繋がるからです。ユーザーが目的を達成できないサイトというのは、ユーザーの離脱率が高まっってしまいます。リンクも集まらず、検索エンジンからの評価も得にくいものとなります。ユーザーがアクセスしたときに、何をすべきかわからないというのでは、時間が経つにつれて忘れ去られるものとなりがちです。ランキングにも響きます。コンテンツの網羅性というのは大切なものですが、網羅性が高まると、幅広いユーザーにとって利便性が高いコンテンツになる一方で、知りたい情報が明確なユーザーからすると、目的にたどり着くまでの時間がかかったようにも感じます。ユーザーのり弁性を高めるには目次があったりするといいようです。また、テキストだけが長く続くと読者は単調に感じるものです。コンテンツに飽きるということも起こります。また、テキストだけでは説明が難しいものもたくさん存在します。そのために、コンテンツには画像や図を挿入したほうが、ユーザーにとっても理解しやすいということになります。ウェブ上でのコンテンツのほとんどはテキストで構成されています。そのため、テキストが読みやすいかどうかというのは、ウェブデザインでは大きな要素となります。コンテンツのデザインというのは、使用環境といったものに依存します。そのためすべて100%同じデザインを実現することは困難となります。しかし、多くのユーザーにベストな環境で閲覧してもらうようにすべきです。CSSできちんと設定しましょう。モバイルユーザーへの使いやすさを重要視するのも大切です。読みやすいデザインを構築しましょう。