カテゴリー: blog

モバイルファーストインデックス(MFI)の到来

モバイルファーストインデックス(MFI)の到来

MFIとは、2016年後半にアナウンスされた、Googleの検索エンジンがWebサイトの情報を収集する方法に関する変更です。
MFIの到来によってSEOは一体どうなってしまうのでしょうか?今までのSEO施策は無駄になり、サイトを作り直さなければならないのでしょうか?安心してください、そんなことはありません。まず、スマホページなければ引き続きデスクトップ版のページが評価対象になるので、ないからといって検索結果に出なくなるわけではありません。
そして重要な点は、MFIは基本、収集方法の変更であって、順位には影響がないと言われることです。順位が変動しないようjに、Googleも準備が整ったサイトからMFIに移行するとアナウンスしています。もちろん大きな変化なので全く順位変動がないとは言い切れませんが、恐れることもないと言えます。スマホページがないサイトはなるべく作るようにし、あるサイトはフレンドリーな作りを心掛ければいいのです。
SEOの本質は、今も昔も「ユーザー本位」。訪問者のニーズを考えて最善のサイトを作ることです。

リンク対策は効果を急がないこと

リンク対策は効果を急がないこと

有名人になりすましたブログやTwitter、Facebookなどが問題になりました。本人であることを表す「オフィシャル」という言葉が使われたりします。この感覚があるため、自作自演のリンク対策に躊躇する気持ちを持ってしまうのだと思いますが、リンク対策はまったく問題ありません。ひとりの人物がブログことに違うハンドルネームを使って、いくつものブログを運営するのはよくあることです。WordPress-SEOもこのようにいくつかのブログを使って行います。このブログをセカンドブログと呼びます。リンクバランスの1:20の「20」は、リンク集、ミニ検索エンジン、ヨミサーチなどに登録する方法があります。その場合は、リンク集に対するGoogleの評価と、リンク元の実態について整理しておく必要があります。

カテゴリーをつくる

カテゴリーをつくる

WEBサイト上に記事を投稿するときに「カテゴリー」を作成することで、皆さんのサイトを訪れるユーザーさんたちに目的のテキストをみつけやすくすることができるでしょう。カテゴリーは詳細に分かれていることが重要なのではなく、ある程度の分類が行われていることによってユーザーさんたちの道しるべとなるようなサイン的な役割が課されることがポイントとなってきます。あまりにも詳細なカテゴリーを設けてしまうと、目的の記事をみつけるまでの時間が必要以上にかかってしまうケースもあるようですので、カテゴリーはあくまでも大分類であるといったようなことを認識しておきましょう。カテゴリーの大分類、小分類を「親子」の関係性に当てはめて開設すような専門家たちもおりますが、カテゴリーの種類や数は皆さんが開設するサイトの種類や目的によっても異なってくるでしょう。

提案書のレビューでプレゼン力を磨く

提案書のレビューでプレゼン力を磨く

提案書の作成を依頼されたと仮定して、実際作ってみることをお勧めします。今までは参考にと見ていた既提案書でも、実際に自分で作るとなるとそれまで気がつかなかったことがいろいろ発見できて大変効果的と言われるためです。

適当な提案依頼書を見つくろってもらい、関係資料も集めてまずは自分なりにまとめることが大切です。

ある程度まとまったところで、実際行うプレゼンの代わりとして、自社の関係者にできるだけ忠実にレビューという形で評価してもらい問題点や不足していた点、改善点など忌憚ない意見をもらうことで今後の実際の場面に生かせるよう記録をとるなどして残しておくことが大切です。実際のプレゼンでは評価がそのまま受注の如何に関わってきます。

本番のつもりで提案書作成後にチェック

本番のつもりで提案書作成後にチェック

提案書作成に慣れるためには、実際に作成して見るのが一番効果的。そこで適当な実績案件の提案依頼書を上司などに選択してもらい、それに対する実際の完成提案書は見ずに、まずは自分なりにアピールすべきポイントを意識しながら、関係資料を集め取り組んでみましょう。ある程度まとまったところで自己チェック。

チェックポイントとして次の点に注意して見直しておきましょう。依頼元の会社名や部署名の間違いは厳禁。誤字脱字も十分注意して見ていきましょう。基本的に同一文書の中では、口語調は避け、依頼元表記法(例えば御社or貴社など)は統一しましょう。そのほか目次と本文のページ数の不一致がないかどうか、見たときの印象(たとえば、レイアウトや配色など)も大切です。

また印刷した時気がつかないところで字が欠けたりズレたりしていないかどうかなど、細かいところまで気を配ってチェックしておきましょう。

PCサイトとモバイルサイト

PCサイトとモバイルサイト

すでにPC 版サイトにおいて外部リンクを使用しSEO 対策を行っているな ら、 P C版サイトへのリンクをモバイルサイトへも活かしてみてはどうだろうか。PC 版サイトに対してのリンクをモバイルサイトに引き継がせることは、モバイルSEOの外部リンク対策として有効な手段だからである。

例えば、 Googleモバイル検索で、あるキーワー ドで検索したとき にサイ ト 内に全くそのキーワー ドが含まれていないサイトが上がっているケースがある。そのPC版サイトに対しリンクを張っているサイトを調べてみると、 PC /モバイル両方に対応したブログからのリンクが見つかる。

WEB広告の特性

WEB広告の特性

すでにWEBプロモーションとしてSEOやリスティング広告などに取り組まれている企業や個人事業主さんもいらっしゃることでしょう。

WEBマーケティングに参入する企業や個人事業主の方々が年々増加傾向であるなか、その広告媒体としての特性をきちんと把握されていらっしゃらない事業主さんらも少なくないようなのです。

SEO、リスティング広告、ディスプレイ広告、バナー広告、ショッピング広告など、ネット環境を介した広告媒体は、数多く開発されていますが、それぞれの特性としてメリット・デメリットをきちんと把握せずにプロモーション活動を行っている場合、それぞれのPR活動の効果を半減させてしまっているかもしれないようなのです。

情報のマッチング

情報のマッチング

TVの番組やCMでみかけた商品やサービスの情報をネット検索する際、一部のユーザーからの声にはWEBサイトなどに掲載される情報量の多さがストレスとなることがあったという回答が得られているようです。

ユーザー自身が検索したい情報を検索するなかで、ネット上に投稿されている膨大コンテンツのなかから自身が求めているものを選択することにどうやら疲れてしまったようなのです。

実際に検索エンジンを利用して情報を探してみますと、自然検索された情報とリスティング広告やSEOなどの対策が施されてたWEBサイト情報がおおくの場合、検索結果の上位に表示されてくるケースが多いようです。

ユーザーにとって有益な情報も少なくないはずですが、膨大な情報のなかから自分にマッチしたサイトを探し出す事自体を面倒と感じている人びともいるようなのです。

アンカーテキストの改善とは

アンカーテキストの改善とは

アンカーテキストを改善しましょう。その方法は、相互リンクの依頼やリンク集ページの書き方、ヨミサーチなどのミニ検索エンジンの登録方法を工夫すると良いでしょう。相互リンクを募集するのに、ウェブサイトの紹介文とトップページへのリンクを依頼しているかもしれませんが、それだと、トップページにリンクが集まってしまいます。それを目標キーワードと目標ページのURLにして、相手先にお願いしましょう。また、自分のリンク集のページの書き方も、同様に変更しておくと良いでしょう。重要なページが複数あるならば、月ごとに内容を変更するのもいいと思います。「当サイトのリンクはフリーです。すべてのページに対して許可は必要ありません。当サイトでは相互リンクを広く募集しています〜メールにてご連絡をお願いします」といった募集ページを作りましょう。

出示達デバイスの変化とWebサービス

出示達デバイスの変化とWebサービス

これまでネット環境を支えていた大きな市場は 、PC ユーザーであったのに対し、ここ数年でスマートフォンユーザーたちがその割合の多くを占めるようになりました。市場を支えるネットユーザーたちの変化によって、 SEO の方向性は大きな変革を求められできました。このような様子を称して、モバイルファーストなどと呼ばれてきましたが、今後の SEO の仕様の変化を決定付ける変革期ともなりました。すでに、多くの人々の間では、スマートフォンは所有しているけれども、パソコンは持っていないなどといったような人々が、世界中に溢れるのではないかと言われております。スマートフォンを活用するネット利用時間も、今後大幅に増えていくことが見越されるなかで、スマートフォンを主軸にしたウェブサイトの制作や広告企画などに臨機応変に対応をする必要性が求められているようです。時代とともに多くのネットユーザーが使用するデジタルデバイスの変化によって、各サイト運営者たちはネットユーザーに寄り添うようなサービスを構築していかなくてはならないようです。