SEOと構造化マークアップ

パンくずリストに対して構造化マークアップをすると、検索エンジンにサイトの構造を的確に伝えることができます。パンくずリストを構造化マークアップすることで、検索結果画面にURLの代わりにパンくずリストが表示されたりします。

パンくずリストが表示されるということは、日本語でより分かりやすいページの情報が伝えられるということで、ユーザーのクリック率が向上するといった効果が見込めます。

また、同じように商品名や商品画像や価格といったものを構造化マークアップして、検索結果画面で商品の評価や価格などを表示させましょう。口コミ情報というのは、必ず商品や店舗の評価といったものが、存在しています。難に対する評価なのかということを、検索エンジンに明確に伝えなければなりません。何に対する評価なのかが曖昧だったりすると、検索エンジンは構造化マークアップを無視します。

もちろん評価そのものが捏造であっても無視をします。そうなると検索結果画面にも表示されないので注意が必要です。また、検索エンジンに正確な情報を伝えるということに関しては、構造化マークアップはとても有効な手段といえます。

けれど、ビジネスの観点から見ると、必ずしも良い対応ではない場合mあります。それは低い口コミばかりだと、クリック率に影響が出てしまうからです。こういう場合は、あえて構造化マークアップをしないということも方法です。検索結果に影響が大きいのは、組織情報、パンくずリスト、商品、口コミ情報、サイト内検索といったところです。検索エンジンには、ウエブサイトの情報を正しく伝えて、無理のない範囲で、検索結果画面などで情報を活用できるタイプやプロパティなどを記述しましょう。

webサイトの売上上okm。SEOメソッド のホームへ