SEOとgooglebotのクロール促進

googlebotにいち早く新規のページなどを発見してもらうために、クロールを促進します。クロールを受動的に待つか、能動的に要求するか、これは対象のページによって分類することができます。googlebotは通常のウエブページのリンクを順番に辿ってクロールします。XMLサイトマップというのは、サイト運営者が検索エンジンにページのURLの一覧を一挙に伝える手段です。

XMLサイトマップは、ユーザビリティを気にしなくてもよく、ウエブサイト上のすべてのURLを記載できるXMLファイルです。XMLサイトマップは、サイトのURLを伝える手段です。特にサイトが新しく、外部からのリンクが少ないとか、サイトのページ数が非常に多いとか、サイトにどこからもリンクされていないページが存在するというときに効果的です。

こういった場合は、必ずXMLサイトマップを作成しましょう。

ただ、検索エンジンに対しては、インデックスをしてほしいURLの記載のみにしておくべきです。非正規のページやnoindexのページは、クロールバジェットの無駄になります。検索エンジンにはXMLサイトマップの存在を伝えなければ、作成した意味がありません。ドメイン無いの任意の場所にアップロードして、検索エンジンにXMLサイトマップの存在を伝えます。XMLサイトマップはファイル名の命名が自由です。

そのため、自己所有するドメイン上ならば、好きな場所に設置することができます。外部ドメインのXMLサイトマップを利用するならば、外部ドメインもsearch consoleで同一のアカウントで登録しなければなりません。リスクもあるからです。特段の理由がない限り、同一ドメイン内の設置がおすすめです。

webサイトの売上上okm。SEOメソッド のホームへ